新琴似中央整骨院

ロコモティブシンドロームリハビリテーション

新琴似中央整骨院

札幌市北区新琴似6条12丁目2−3

TEL011-764-7557

新琴似中央整骨院 公式ホームーページはこちら

高齢者の身体能力低下を防止します!

40歳を過ぎた方「ロコリハ」はじめてみませんか?

ロコモティブシンドロームとは、身体を動かすのに必要な器官に障害が起こり自分で移動する能力が低下して
要介護になる危険度が高い諸症状のことです。例えば歩く場合、目などから入ってくる外界の情報を脳で受け止め状況を判断した上で動作の指令を発し、神経がそれを手足に伝えて関節や筋肉を動かすというように一連の器官が協調して働いています。そのため、歩行困難の原因を考える場合、単に骨、関節、筋肉の衰えだけにとどまらず、感覚器や神経などの働きも含めて捉える必要があります。
ロコモティブシンドロームは、特に高齢者において要支援・要介護に至る前の健康寿命をいかにして長く保つかという視点から、各器官の機能低下だけでなく、全身的な協調性に着目するものです。

一つでも当てはまると「ロコリハ」の対象です。

  • ロコリハの対象その1

    家の中でつまづいたり滑ったりする

  • ロコリハの対象その2

    階段を上がるのに手すりが必要である

  • ロコリハの対象その3

    15分くらい続けて歩けない

  • ロコリハの対象その4

    横断歩道を青信号で渡りきれない

  • ロコリハの対象その5

    片足立ちで靴下が履けない!

  • ロコリハの対象その6

    家のやや重い仕事が困難である

  • ロコリハの対象その7

    2kg程度(牛乳パック2個程度)の買い物をして持ち帰るのが困難である

1つでも当てはまれば、ロコモティブシンドロームの心配があります。

  • 加齢、運動不足
  • 適切な栄養・適切な運動
  • グットエイジング
  • 骨強度の低下
  • 転倒
  • 骨折
  • 筋肉減少(サルコペニア)+体重追加(メタボ)
  • 活動量減少
  • 膝関節への負担増
  • 膝関節への炎症
  • 寝たきり、要介護へ

つまづきなどによる転倒リスク増

ロコモへのスパイラル

運動器とは筋肉、関節、骨などの人が移動するために使う器官のことです。筋力が低下し関節の痛みを感じたり、骨粗しょう症などで骨がもろくなってしまうと、運動機能が低下し日常生活に支障が出てしまいます。その兆候が実は40代から始まっているのです。

  • 運動不足
  • 身体能力の低下
  • 運動器疾患による痛み
  • 更なる運動不足へ

ご安心ください!新琴似中央整骨院で対応します!

当院では日常生生活機能低下の防止には予防・早期発見・早期治療が重要となります!

スポーツに強い整骨院だからこそ高齢者の身体機能への適切な処方ができます。

新琴似中央整骨院の「ロコリハ」の強み!

新琴似中央整骨院がロコリハに自信を持つ5つの理由

  • 筋肉・関節に関する治療に特化している

    スポーツに強い整骨院である新琴似中央整骨院では様々なスポーツ選手の症例と治療の経験があるため、筋肉・関節に関する正しいリハビリのアプローチが可能です。

  • 最新機器の導入による治療

    新琴似中央病院ではエコーをはじめ、3D電極の総合刺激装置など最新の機器を取り入れ、患者様の症状に合わせた予防・早期発見・早期治療を行なう事ができます。

  • 専任スタッフによる詳しい説明

    確かな知識と豊富な経験を持つスタッフが専任であたるので、患者様の症状に対して原因とその対処法を詳しく説明し、理解していただいた上でリハビリを行ないます。

  • 介護予防事業監修もしています

    新琴似中央整骨院では、北海道喜茂別町の介護予防事業を監修もしており、ロコリハによる確かな効果をだしている実績となっています。

  • 親切丁寧なスタッフが対応

    スタッフが一人ひとりの患者様と真剣に向き合い、痛みの無い身体を取り戻し、ご家族も含めて充実した日常生活が送れるようにサポートしています。

まずはお問い合わせください。

新琴似中央整骨院

札幌市北区新琴似6条12丁目2−3

TEL011-764-7557

  • 中央バス麻06 新琴似6条12丁目下車

  • Google Map

新琴似中央整骨院の公式ホームページはこちら

スポーツ基地